FC2ブログ

Miyavi's Works

ゆるゆる動画を作っていて、たまに動画にしない音声データもうpります。

音量のバランス

私はカバー専だから、ボーカルとオケのMIXしかほぼしたことないです。

一回だけ、データもらって、音源割り当てて、ってしたけど、オケのMIXは難しいですね。


今回は友だちのボカロPさんから教わったことを、書いてみようかなと思います。

だいたいにおいて、メインとコーラスがあると思うんですが。
それとオケのバランスの取り方の一つとして、私が教わってから、よくやる方法です。

まずは、ギリギリ聞こえる程度までPC側の音量を下げます。(DAWのトラックの音量じゃないので注意!)
それで、聞いてみて、大雑把にDAWの音量を操作して全体的なバランスを決めます。

で、バランスの決め方ですが。オケに対してボーカルの音量を決めるのですが。
何処に合わせるかと言うと、例えばピアノソロの部分があったとしたら、その音量と大体同じくらいに私はしています。
あんまり声を全面に押し出しすぎたらなんかカラオケみたいになってしまって、全体的に聞かせる雰囲気じゃなくなる感じがしますので、まぁ、気持ち声のほうが大きいかな?って辺りまでしかボーカルの音量は上げません。
これは好みの問題なので、声を聞かせたいなら話は変わってきますが。

それから、PCの音量を戻して微調整をするのですが。
この時、絶対とは言わないけど、なるべくなら音量は上げない。これが大事です。
MIXは基本的に引き算なので、大きい音を小さくする方向で。
間違っても各トラックで0dbを超えないように。これは鉄則です。(0dbを超えると音割れやクリップの原因になります)
ここで、音圧を稼がなくても大丈夫です。

(マスタートラックで音圧を稼げばいいので各トラックではそれほど音量を上げる必要はないですん。)

という、思いがけない事を教わって、だいたいの音量バランスがができているし、何よりも爆音をずっと聞かなくて済むのはすごく助かります。

ついでに、ボーカルにかけるVSTの事も書こうかなと思ったけど。
別の機会にしておきます。
(じゃないと、あんまり書くことがなくて更新スピードが落ちますしw)

それと、微調整するにあたって、どうしても、高い音のコーラスは聞こえづらいので、ほんの少しあげることもありますが。
基本的に引き算ということを忘れないで、敢えてするなら許容範囲と思います。
ですけど、私は基本的にオケも含めて全体的に下げていく方向でやってます。

というわけで、耳にやさしい方法ですし、意外とこれがハマる事が多いので記事にしてみました。

蛇足ですが。
ボカロエディタからwavを吐き出す時は、モノラルがいいです。
そのほうが位相が安定するそうです。
そもそも、マイクってメインボーカルの人が一人で複数使うことはまずないので、よほどボカロエディタで特殊なことをしていない限りモノラルで。

パン振りは、バンドの位置関係を考えてみるとわかると思いますが、普通メインボーカルの人は真ん中で歌いますよね。
だから、だいたい真ん中に持ってきます。
そんで、コーラス担当の人は左右どちらかにいる場合がほとんどですので、パンを振ってやります。
複数で歌ってる時は、メインボーカルも少しパンを振るといいと思います。
同じマイクで歌ってることはまぁ、あんまりないので。

かなり、特殊な場合を除いて、だいたいこんな感じでやってます。

役に立つかどうかわからないけど、まぁ、メモ程度なので許してください。

スポンサーサイト
別窓 | MIXメモ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Miyavi's Works |